【即納】日本刀のしおり 加州清光

1,000円(税込)

購入数
加賀の名工、6代目清光の作品。新撰組一番隊隊長、沖田総司の愛刀で、1864年「池田屋事件」にも使用されたといわれている。
その際、沖田総司は病で戦線離脱したが、激しい戦況を物語るかのように加州清光の刃は激しく損傷した為、現存しない幻の刀剣とされる。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。